京都洛北ガイド area information

京都洛北周辺エリアの観光マップです。
三千院へお越しの際は、こちらもご覧ください。

高野川に沿って走る鯖街道と呼ばれた若狭街道を、京都市中から北へおよそ十二キロ。八瀬を通り抜けしばらくすると、比叡山麓の小さな盆地に辿り着く。のどかな山里風景が広がる大原である。
春には野道にシャクナゲが咲き、キリシマツツジが鮮やかな花をつけ、夏には青田に挟まれて、紫色の紫蘇畑が大原の里に彩りを添える。 そして秋になると参道の木々は紅葉に染まり、冬には雪景色へと移り変わる。

三千院を挟んで流れるふたつの川、右手の川が呂川、左手の川が律川。 声明の呂(呂旋法)と律(律旋法)にちなんで付けられたその川の上流にある滝が音無の滝(おとなしのたき)であり、聖応大師良忍が声明の練習をしていた時、滝の音が音律に同調して音が消えて無くなったと言われ、この滝を「音無」と名づけたと伝わる。

呂川上流には、来迎院本堂、来迎院の支院(里坊)には蓮成院や、融通念佛寺の旧跡である浄蓮華院、そして律川を挟んで北には、勝林院本堂、勝林院の支院(里坊)の宝泉院、實光院などがある。