お知らせ information

涅槃会

2月15日 展示・行事

 

『涅槃会(ねはんえ)』
日時 2月15日
時間 午前11時
場所 宸殿


 2月15日は仏教を開かれたお釈迦様が入滅(お亡くなり)された日です。
「涅槃」とは、本来は迷いのなくなった境地を指していいますが、お釈迦様がお亡くなりになったことも「涅槃」と呼ばれています。
三千院では、その入滅された様子が描かれた「涅槃図」を掲げて、その遺徳を偲ぶ法要を執り行います。
涅槃図には、お釈迦様が沙羅双樹(さらそうじゅ)の下で、頭を北に、お顔を西に向けて横たわり、そのまわりには多くのお弟子さん始め、全ての生き物が嘆き悲しんでいる様子が描かれております。
  
また、お釈迦様が臨終を迎える際、お体が金色に輝き、仏舎利(お骨)が五色に光り輝いたとされていることから、宸殿にて五色豆の授与をいたしております。