円融蔵全景

三千院では天台宗開宗千二百年、当院開創千二百年慶謹を記念し、一寺院「一願一行」事業の一環として、所蔵文化財の保存と活用を目的とした収蔵・展示施設の建設が国庫補助事業として平成18年10月16日に完成しました。

当院の経蔵「円融蔵(えんにゅうぞう)」には三千院開創以来、仏教・国文・国史や門跡寺院特有の皇室の記録や史伝等、中古・中世・近世にわたって書写され蒐集された典籍文書を多数所蔵しております。
殊に、大原の地は慈覚大師円仁により天台声明の根本道場が開かれ、のち融通念仏を広めた良忍上人が「声明」を集大成したところです。
「念仏」の聖地、祈りの里として極楽往生を願う人々の憧れの里となってきました。その中心的存在であった「往生極楽院」には弥陀三尊の頭上に極楽浄土を表す天井画が描かれています。
今では肉眼ではかすかな痕跡しか見られませんでしたが、展示室内に現存最古と云われる山形に板を貼った「舟底天井」を原寸大に設え、藤原時代の人々が、現世に往生極楽を願い、浄土思想に基づいて描かれた天井画を創建当時の極彩色で復元いたしました。
ご参拝される皆様それぞれに、古の文化に思いを馳せていただく空間となれば幸甚です。

  • 常設展
  • 過去の展示

[常設展] 現在常設しております展示物をご紹介します

御所車衝立 画・神坂雪佳 安土桃山-江戸時代

三千院で呼び習わされている「御所車」を作品名とした。片面には牡丹、椿、山吹、藤、紫陽花、百合、桔梗、鶏頭、菊、萩といった春から秋の花々が極彩色で描かれ、裏面には冬に果実をつける千両が控えた色調で描かれている。絵画の部分が容易に取り外しできる構造になっており、台座は桃山から江戸時代の作と見たい。雪佳(1866-1942)は近代に琳派をよみがえ蘇らせた画家であり、漆器・織物・室内装飾などあらゆる工芸分野のデザイナーとして名声をは馳せた人である。この作品においても工芸と絵画の美が一体となり調和している。
(平成大修理完成記念「京都大原・三千院の名宝展」図録より抜粋)

融通念仏縁起 室町時代 紙本着色

融通念仏宗の宗祖であり、大原の地で声明を大成した良忍(1072-1132)の伝記や念仏の功徳や利益を絵巻にしたもの。融通念仏縁起絵巻は、鎌倉時代後期に成立し、何度も制作され、現存する作品も多い。

茅ヶ崎海岸図 菊池芳文筆

明治三十九年の時点で、玉泉七十三歳、景年六十一歳、松年五十八歳。京都画壇の大家たちを向こうにまわし、幸野楳嶺門下の四天王と呼ばれた二人、芳文(1862-1918)は四十四歳、栖鳳は四十二歳。二人が制作した襖絵は、江戸時代から続く京都派の伝統を色濃く残す大家たちの画風とは趣が異なる。みずみずしく動的なタッチで描かれた松の幹や枝、それにかかる月の表現には近代の気分があふれている。花鳥画、特に桜図を得意とした芳文は同じ部屋の戸袋四面に「桜花図」を遺している。

ページの上部へ戻る