三千院の由来

三千院は延暦年間(782‐806)に伝教大師最澄が比叡山東堂に一院を開いたのに始まります。その後、慈覚大師円仁に引き継がれ、平安後期以来、皇子皇族が住持する宮門跡となり、寺地は比叡山内から近江坂本、京都市中と移動しました。そのつど寺名も円融房、梨下房、円徳院、梨下門跡、梶井門跡と変え、明治維新後、現在の地に移り「三千院」として1200年の歴史をつないでいます。殊に大原の地は慈覚大師円仁により中国山東省「魚山」より伝えた、天台声明(仏教音楽)の根本道場が開かれ、後に融通念仏を広めた良忍上人が「声明」を集大成したところです。「仏教音楽 声明」の聖地、「念仏」による祈りの里として往生極楽を願う人々の憧れの里となってきました。

三千院の歴史

  • 延暦年間782-806伝教大師最澄、比叡山に根本中堂を建立の時、東塔南谷の山梨の大木の下に一宇を構える。(梨本の名称の起こり、円融房の始め)
  • 嘉祥3860慈覚大師円仁、声明業の精舎を大原の魚山に建てたとの説がある。 承雲、東坂本の梶井に円融房および里坊を営む。(梶井の名称の起こり)惟喬親王、出家遁世して大原に隠棲する。
  • 寛和1985源信、妹の安養尼に阿弥陀三尊へ給仕させるため、大原に極楽院を建立したとの説がある。
  • 長和21013寂信(左大臣源雅信の子・時信)、大原に入り勝林院を建立する。
  • 寛仁11017源信没する。76歳。寂源、台嶺の碩学を講じ、法華八講を勝林院で行う。覚超、偏救等は「仏果の空不空」を問答する。
  • 永承41049明快(梨本流祖)、四天王寺別当となる。
  • 康平21059良真、権僧正に任ぜられる。
  • 応徳31086仁豪、梶井円徳院を興す。
  • 嘉保21095良忍上人、勝林院の永縁の室に入る。
  • 天仁21109良忍、来迎院及び浄蓮華院を建立する。
  • 元永11118最雲法親王、梶井に入室。(皇族入室の始め)芝法師琳賢、大原の竜禅院にて作庭する。
  • 天治11124良忍、京都市中で融通念仏をひろめる。
  • 天治21125良忍、勝手神社を声明道の守護神として大和多武峯より勧請。
  • 大治51130最雲法親王、梶井十四世となる。梶井宮の名称の起こり。
  • 天承21132良忍、大原で没する。60歳。
  • 永治21142高松中納言実衡が没し、その妻が出家して真如房尼と号した。
  • 久安41148極楽院勢至菩薩像の胎内に、この年、「像造」との墨書銘あり。
  • 保元11156最雲、天台座主に就く。法親王が座主になられた初例であり、大原寺を加預される。政所設置。
  • 保元21157後白河天皇、自ら宮中仁寿殿で御懺法講を行う。
  • 応保21162最雲没する。58歳。
  • 承安31173顕真、大原に入り別当代として竜禅院(現客殿)に住む。
  • 承安41174「吉記」の著者吉田経房、大原に至り極楽院を訪ね、来迎院は縁忍を訪ねる。平親範得度し、円智と号する。
  • 承安51175法然上人、専修念仏を唱えて浄土宗を開宗。
  • 治承11177明雲、大原に入る。円智、江文寺に如法写経を納める。
  • 治承41181真如房尼没する。
  • 寿永21183明雲、木曽義仲の流れ矢に当たり、法住寺において没する。
  • 文治21186後白河法皇の大原御幸顕真、法然上人を勝林院に迎え、後に「大原問答」といわれる念仏業を論ずる。
  • 建久11190顕真、天台座主となる。
  • 建久31192顕真、比叡山円融房で没する、61歳。鎌倉幕府。
  • 貞永11232坂本梶井御所、火災のため堂舎を失う。
  • 仁治21241大原法華堂が建立され、後鳥羽天皇の遺骨を埋納する。
  • 寛元41246救世観音菩薩像の胎内に、この年「像造」の願文あり。
  • 建長11249梶井の円徳院が再建される。
  • 文保21318尊雲法親王、梶井へ入室する。
  • 嘉暦31328尊雲、天台座主となり大塔宮と敬称される。
  • 元弘11331梶井御所が京都船岡山の東麓に本坊を営む。
  • 建武21335大塔宮護良親王、鎌倉で没する。28歳。
  • 延元11336御懺法講は、後伏見天皇の三十三回忌から梶井宮が導師を勤めることになる。
  • 応永331426来迎院焼失。
  • 文明81476後花園天皇七回忌の御懺法講は、皇居の炎上により勝林院で尭胤親王が導師として行う。
  • 天文211552来迎院改修
  • 元亀21571織田信長、比叡山を焼き討ち
  • 天正121584豊臣秀吉、比叡山を再興する
  • 天正151587竜禅院(客殿)を再興
  • 慶長31598応胤法親王没する、78歳
  • 慶長171612慈眼大師天海、武蔵国の仙波喜多院を再興
  • 慶長181613家康、天海に下野国の日光山を管掌させる
  • 元和31617日光山に東照大権現を祀る
  • 寛永21625天海の申請により上野寛永寺を創建
  • 寛永61629慈胤法親王、梶井に入室する
  • 万治21659後水尾法皇と東福門院、大原へ行幸し、極楽院を仮御所として勝林院で憲真法印から融通念仏を受念される
  • 寛文81668極楽院落慶供養、盛胤法親王が導師を勤める
  • 延宝71679後水尾法皇、魚山極楽院へ一切経を奉納する
  • 元禄111698将軍綱吉、河原町御車小路の二万坪を慈胤に献じ、梶井宮御殿(三千院)を営む
  • 安永71778勝林院、大原陵法華堂が再建され落慶法要を行う
  • 明治11868昌仁法親王、還俗して梨本宮家を興し、守脩王と称する。梶井御殿の仏具類を大原政所へ送る
  • 明治41871大原政所を梶井門跡の本殿と定め、三千院と号する
  • 明治391906客殿に栖鳳、芳文、松年、玉泉らの襖絵を奉納する
  • 大正31914孝成没する。門主に孝永が就任する
  • 大正71918皇太子裕仁殿下行啓
  • 大正131924孝永、妙法院門跡に転ずる
  • 昭和41929宸殿再建が成り、下村観山が玉座の間に虹の絵を描く
  • 昭和251950水谷教章が門主に就任
  • 昭和261951御懺法講を普遍化する
  • 昭和281953重要文化財の不動明王像を修理
  • 昭和301955救世観音像を一般に公開。極楽院などの諸堂宇の修理を始める
  • 昭和361961円融蔵を修理
  • 昭和411966皇太子明仁殿下、皇太子妃美智子殿下行啓
  • 昭和421967客殿(後竜禅院)の修理
  • 昭和441969極楽院阿弥陀三尊および壁画の修理を行う
  • 昭和511976水谷教章没する、78歳
  • 昭和531978神原玄祐が門主に就任
  • 昭和541979御懺法講を復興する。
    明治天皇七十聖忌を奉修(声明例時)する
    施餓鬼法要(九條錫杖)を復興する
  • 昭和551980曼荼羅供法要を復興する
  • 昭和561981森定慈紹が門主に就任
    円融蔵典籍文書の整理・調査が始まる
  • 昭和581983円融蔵典籍文書を文化庁が調査開始
    円融蔵、円融房が新築される
  • 昭和631988三千院典籍文書3021点、重要文化財に指定される
    森定慈紹没する、79歳
    小堀光詮が第六十一世の門主に就任
  • 平成11989金色不動堂を建立する
    秘仏金色不動尊を本尊として不動大祭を始める
  • 平成21990観音講が発足し、観音大祭を始める
  • 平成71995神原玄祐没する、100歳
  • 平成81996大塔宮護良親王薙刀修理(研磨)
  • 平成91997重要文化財(帝王系図、性空上人伝記遺続集、古文孝経)の修理がされる
    三千院典籍文書類、三カ年計画で修理始まる
  • 平成101998極楽院の屋根の葺き替え工事が始まる
    観音堂が建立される
  • 平成111999重要文化財の不動明王像を修理四天王寺縁起残巻が修理される
    三千院典籍類の修理完成
    小堀光詮、已講職として法華大会広学竪義
  • 平成122000平成大修理完成記念「京都大原三千院の名宝展」が東京・池袋の東武美術館と山口県立萩美術館・浦上記念館で開催される
  • 平成132001小堀光詮、別請竪義を経て探題に上任される
  • 平成142002往生極楽院の阿弥陀三尊が国宝に昇格指定される(6月26日)
    三千院開創1200年慶讃として秘佛ご本尊薬師如来のご開帳法要が行われる(9月8日~10月8日)
  • 平成152003小堀光詮、門跡に再任される
    小堀光詮、探題職として法華大会広学竪義出仕
    御殿門修復完成

ページの上部へ戻る